ネタバレ感想

映画『6アンダーグラウンド』ネタバレ感想 |アクションや車が好きな男子にはおすすめ!?

アクション好きならおすすめ。

コメントすることが無い。
考えることも無い。

ただただアクションシーンを見つめた2時間。

完全主観評価(星3つ)

映画『6アンダーグラウンド』とは

上映時間 : 133分
監督   : マイケル・ベイ
主演   : ライアン・レイノルズ

僕が観たNetFlixのオリジナル映画は『バードボックス』に次いで2作目。
バードボックスで、「素っ頓狂」した所だったので、ネトフリリベンジ。

マイケル・ベイとは『トランスフォーマー(車で戦うアクション)』や、『バットボーイズ(ポリスアクション)』などのアクション大好きな監督さん。
そんな監督さんが次はネットフリックスオリジナルで作ったのが『6アンダーグラウンド』。
主演のライアン・レイノルズは『デッドプール』でも主演を務めています。

あらすじ {ネタバレ無し} | 予告編

死を偽装して6人のメンバーで構成された世直し殺し屋集団。
裁くことが難しい国のありえへんほどの独裁者を暗殺し、民主化する為に、それぞれの分野で優れた能力をもつ6人で立ち向かう。

『6アンダーグラウンド』 のネタバレ感想

以下ネタバレ含みます

マイケル・ベイということで、いつも通り派手なアクション映画。

でも全体的にはストーリーがどうだとか語れるような映画ではないし、いろいろと説明が足りない映画だった。
とにかくバンバン爆発するような、どでかいアクション映画が好きな人にはぴったりですが、映画の大きなポイントとして、「戸籍上死んだことになっている。いわば、主人公たち6人は幽霊なのだー!」という設定がある。


しかし!


その設定にあまり意味が無い。

名前を1(ワン)~6(シックス)で呼んでいるが、それも意味があまりわからない。

男の子にしてみれば「なんとなくかっこいい。」ような設定にはなっているものの、結局はアクションシーンを見せるだけのド派手アメリカンムービー。
アクションだけを楽しめるような映画はたくさんありますが、『6アンダーグラウンド』では主役のワン(ライアン・レイノルズ)があまりカッコよくない。

ライアン・レイノルズじゃないよ!
役がね!

これは個人の好みの問題なのかな?

でももちろんチームもあんまりかっこよくないぞ!

男の子(おじさん)でもそう思うのだから女性には向かないかもしれないな。

車、もしくはカーアクションが好きな人、ワイルドスピードこと「ワイスピ」が好きな人はきっと楽しめるんじゃないでしょうか。
僕はぜんぜん車に興味が無いからか、ワイルドスピードも好みではなく、3作目までしか観ていません。

でもトランスポーターは大好き。
あれはかっこいい。

てゆか、スカイウォーカーって何なん?
スターウォーズの彼のことかい?

映画『6アンダーグラウンド』 のまとめ


なんだか、かっこいいように見えて、ただかっこいい風のアクション映画
でした。

でもこれだけディスって星は3つ。
お金もかけてデッドプールを呼んでマイケル・ベイが監督してるわけなので、もちろん悪くはない^^

最後に一つだけ言わせてもらうと、

最後の「マグネットパワー!!」はかっこよかった。


続編が配信されたら、、、
観ます。

関連記事