未分類

映画『バッドボーイズ』感想 | アメリカの危険都市

ウィル・スミス主演 バッドボーイズのイラストブログ

マーティン・ローレンスというコメディアン。
若かりしウィル・スミス。
2人が主演を務める2時間のアクションコント。
アクションは時代の経過とともに廃れてしまうのか。

完全主観評価 星3個

▶星0~1:製作側のいじわる ▶星1.5~2:後悔している ▶星2.5~3:相性がやや悪いのかも ▶星3.5:楽しめた ▶星4~4.5:ハリーポッター級 ▶星5:運命の出会い

映画『バッドボーイズ』ウィル・スミス

原題   : BAD BOYS
製作年度 : 1995年
上映時間 : 118分
監督   : マイケル・ベイ(アクション大好きベイ君のデビュー作)
主演   : ウィル・スミス / マーティン・ローレンス
ジャンル : ポリス・アクション コメディー

監督のマイケル・ベイは言わずと知れた破壊王。
ド派手なアクションに取りつかれたマイケル・ベイのデビュー作品が『バッドボーイズ』なんです。
2020年の『バッド・ボーイズ フォー・ライフ』では別の監督が引き継いでいますが、初代から2作目まではマイケル・ベイ監督です。
マイケル・ベイといえば、『トランスフォーマー』シリーズで有名ですが、以前記事にした『6アンダーグラウンド』も監督しています。

あらすじ(ネタバレ無し)

アメリカの右下、マイアミ。
ビーチと、太陽と、水着と、観光のマイアミは、犯罪都市でもある。
ある日、警察が保管していた大量のヘロインが盗難にあう。
警察が盗難にあったという恥ずかしい事実が外部に漏れる前に、事件を解決するよう、マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)と、マイク・ラーリー(ウィル・スミス)の2人のやんちゃな警察官が任される。

映画『バッドボーイズ』のネタバレ無し感想

今回はネタバレ無し

この時のウィル・スミスは20代後半。
マーティン・ローレンスは30歳。
あきらかに《ボーイズ》という歳では無いが、今となっては大昔のこと。

3作目の『バッドボーイズ フォーライフ』が公開された2020年の映画と比べてしまうと、25年前のアクション映画で大量の火薬を使ってドンドン爆破をしてもガチで紙幣を燃やしても魅力的には感じない。
映像って25年でとんでもなく進化してんのね。
3Dとか登場しちゃってるし。

ということで派手な爆破シーンは現代の技術と比べると、魅力的ではないので、今あえて『バッドボーイズ』を観る理由は「バッドボーイズ フォーライフに備えて」という事しかない。

でも、誰でもそれなりに楽しめるのがマイケル・ベイの作品。
細かい事は取りあえず置いといて。
純粋にアメリカン映画を楽しむ事ができちゃいます。

ただしマーティン・ローレンスはもともとコメディアンであって、俳優では無いので、少し独特な演技で、映画全体にコントのような雰囲気を漂わせています。
マーティン・ローレンスとしてはコメディー要素が少なめの映画初主演だったようです。(実際少な目ではありませんが)

映画『バッドボーイズ』から学ぶ《アメリカの危険都市・マイアミ》

映画を基に(きっかけに)、少しだけでも《学び》を。
ということで、
今回は、アメリカのお話です。
せっかくなので知識を共有しましょう!

映画の舞台はマイアミ

マイアミと言えば海。
観光地でもあり、日本からは結構遠い。

素敵なビーチをイメージしがちだが、2012年には某経済紙誌にて《全米で最も惨めな都市》に選ばれちゃってる。
そして、同誌で《全米で最もクリーンな街》に選ばれている。
クリーンな街っていったい何だよ?
って思うのが普通なので調べましたが、わかりませんでした。
無力でごめん。

そしてもう一つマイアミが勝ち取った栄誉が《全米一の肥満都市》。
すばらしい街ですね。

マイアミは危険な都市なのか?

結論から言うと、アメリカのその他の都市と同様で「場所による」という事です。(行った事もないのですが)
貧困な集落のようなものがあり、一歩間違えてそっち側に行ってしまうと非常に危険なようです。
「オーバータウン」「リトルハバナ」「リトルハイチ」「リバティシティ」などのエリアは危険らしい。
「リトルバナナ」でも「リトルライチ」でもありませんよ。

ここからこっち←はOK
ここからこっち→は鬼危険

というのがアメリカです。
マイアミという括りにすると危険な事は間違いありませんが、
安全な所と危険な所を分けて、安全な所だけで見ればt区別危険でもなさそうです。

アメリカで一番危険なのは『デトロイト』

映画のタイトルにもなっているデトロイト。
危険なアメリカの都市として有名な場所で、アメリカ全土の平均と比べると、約5倍の犯罪が起きているそうです。
殺人事件だけに絞ると、全米平均と比較して約9倍。
そもそも全米平均が日本よりも怖い状態なので、そのアメリカの中でも群を抜くデトロイト。

「デトロイト行こうぜ~。」
と友達に誘われたときは、お近くのカナダへの変更プランを進めてみましょう。

映画『バッドボーイズ』感想まとめ

いつかアベンジャーズのアクションシーンも古臭くなる時が来るのでしょうか?
自分には想像もつきませんが。