映画

映画【コーチカーター】ネタバレ&ストーリー | 実話を基にした名作

「誰もが聞いたことのある映画」ではありませんが、胸が熱くなり、学びも多い映画。きっと教育にもよいかな?
今回はバスケットボールを題材にしたノンフィクション映画『コーチカーター』を紹介します。

完全主観評価(5)

コーチカーターってどんな映画?

上映時間 : 136分
監督   : トーマス・カーター
主演   : サミュエル・L・ジャクソン

2005年公開のアメリカ映画で、高校バスケットボールを題材にしたノンフィクション作品。
映画好き素人の僕は、ノンフィクションなだけで3倍感動します。

バスケットボールが題材になっていますが、もちろんルールを知らなくても愉しめる映画ですよ。

あらすじ・予告編

あらすじ

アメリカの中でも治安の良くない犯罪都市リッチモンドにあるリッチモンド高校。
荒れた学生が多い中、新しくバスケットボール部の監督に就任したOBの「ケン・カーター」。
負け続きのリッチモンド高校でしたが、カーター就任後のリッチモンド高校は生まれ変わったかのように勝利を積み重ねます。
しかし、カーターが最も重要視したのは勝利ではなく「学業成績」や「言葉使い」などでした。
「規律を守る事」を最重要としたスパルタ監督と、成長していく学生達の物語なんですねー。

予告編

コーチカーターのネタバレ解説&感想

以下ネタバレ含みます

英語verしか無かった、、。

あらすじ・内容を短くまとめると。

荒れた地域のヤンキーバスケ部、リッチモンド高校に少し有名なOB(カーター)が就任する。
カーターはバスケットを指導する前に選手と契約を交わす。
・授業では一番前に座ること
・一定以上の成績を収めること
・遠征の際はシャツ&ネクタイを着用すること
などなど。
バスケットボールとは関係のない内容で規律を守ることを重要視した。
一部の反発はあるが、実際にバスケットボールも指導し始めると、チームが勝ち始める。
アメリカの地域柄、バスケットボールチームはとても地域にとっても応援される対象になる。


注目され始めたところで、部員が規律を守れていない、一定以上の成績を収めていない。ということに気が付き、カーターは体育館を閉鎖し、試合もすべて断るという荒業に。
地域や親、学校から批判が集中したが、カーターは自らのポリシーを曲げる事は出来ない為、監督を辞任し、体育館の閉鎖を解く。
しかし閉鎖を解いたものの、選手から信頼を得ていた監督の為に、選手はバスケットボールをプレーせず、勉強に専念する。
カーターは監督に復帰し、選手も学業で一定の成績を収める
バスケットボールを再開したリッチモンド高校は再び勝利を積み重ね、有名な大会に招待される。
招待された大会の一回戦で、強豪校と対戦する。その強豪校とはカーター就任前に対戦しており、リベンジを果たすために善戦するが惜しくも敗退。
ノンフィクション映画ならではの、部員のその後の進路などが紹介される。

とても短くまとめましたが、この中にいくつものドラマが隠されています。

映画に出てくるアメリカの現状を踏まえた上でエンドロールの進路先を見るとホントに感心します。

感想&解説

この映画の主人公はタイトルにもなっている[カーター]です。多分。
しかし、部員一人一人のドラマがしっかりと存在し、それぞれの苦悩や成長も垣間見ることができます。
その小さなストーリーのどこまでが真実なのかはわかりません。
たとえば、部員の一人である「ジェイソン・ライル君」。
彼は本当は黒人なのですが、映画では白人の「チャニング・テイタム」が演じています。
ですが偶然そうなったのではなく、白人だから成り立つ友情物語がしっかりと追加されています。

そんな部員たちひとりひとりの物語も描かれている『コーチカーター』のエンディング主題歌になっているtwista ft Faith Evansの『Hope』という曲。
PVにも一人一人にフォーカスしていく演出があります。

英語あんまりわかんないけど良い歌っぽい。

まだまだ無限の可能性を持つ高校生たちに、スポーツだけをやらせることはダメ!という監督の考えの裏側には、治安の悪いアメリカの現実などもありますが、
どの国でも実際にスポーツだけで生計を立てていくのは難しい事です。
授業・講義という学びの時間にはきちんと学ぶ事、最低限のルールを守る事、やりたくない事もこなせるようになることは、やはり大事だと思います。
「君はプロになれる!」「スポーツだけに集中すればいい!」というスーパー高校生だったとしても、ケガをしたら終わりです。プロになれるのはごく一部、という事を考えても、
しっかりと学び、いろいろな事を知る事は無駄にはなりませんよねー。

ちなみにアメリカの大学の1部リーグ(一番強いグループ)では、一定以上の成績を収めていないと試合にでることができないらしいです。
とても素晴らしい事ですが、日本ではそんなことは一切なく、スポーツだけで大学に呼ばれ、4年間スポーツをしてから大学中退していく輩もおります。
単位を取らずに試合ではバンバン点を取る連中を実際にみているのでこれは間違いないです。
結局スポーツだけすればいいんかよ!
と思いながらも僕はちゃんと試合には出れずに卒業しました。

DVDの特典映像には

DVDの特典映像には実際にモデルになった選手、監督がでてきます
モデルになった選手達のレベルも格段に高いですが、この映画の見どころでもあるのは、俳優たちのバスケットボールのレベルがめちゃくちゃ高い事。
大学までずっとバスケットボールをしていた僕が見ても、そうとうにレベルが高い。
偉そうに言ってるけど、本当に。とても自分では勝てないレベルの人たちが演じています。
さすがUSAです。
そういったこともあり、実際にバスケットをやっている人でも冷めずに最後まで見入っちゃいます。

映画【コーチカーター】ネタバレ&ストーリー のまとめ

八村選手や渡辺選手がNBAで活躍したり、ラグビーで盛り上がっている2019年。
子どもがスポーツをする際には、プロになる為に共に頑張るのも良いですが、さまざまな道を用意しておく環境作りも大事。
そのうえで、子どもにはどんどんチャレンジしてもらおうと!
思えますね。

そういえば、アメリカのNBAにはハーバード出身の選手もいちゃったりします。
「ジェレミー・リン」選手でググルとでてくる。

ちなみに、アメリカの悪い言葉の言い回しや、少しセクシーなシーンは出てきますが、濡れ場はないので子どもと一緒に観ても安心かな?多分。
気まずくなったらゴメンナサイね。

関連記事