未分類

映画『ギフテッド』ネタバレ感想 | 親子の愛の物語。ラストは結局どうなった?

クリス・エヴァンス主演家族愛の映画

僕も子育てしていても失敗ばかり。
3人の子ども達と4匹の猫と過ごしている自分には、タイミング的にもぴったりハマった1作だった。

完全主観評価(星4コ!)

映画『 gifted/ギフテッド 』とは?

上映時間 : 101分
監督   : マーク・ウェブ
主演   : クリス・エヴァンス / マッケナ・グレイス

2017年のアメリカ映画(ジャンルはドラマ)。『(500)日のサマー』や、『アメイジング・スパイダーマン』を監督したマーク・ウェブ。
そして、僕が大好きな『キャプテン・アメリカ』シリーズのクリス・エヴァンスが主演を務めています。

登場人物も少なく上映時間も短い。
親権が大きなポイントにはなるものの、あっさりしているので見やすく、それでいて最後まで退屈しませんでした。

最後に少しだけ驚きもあり。

あらすじ(ネタバレ無し)

自殺した姉の子ども、メアリー(マッケナ・グレイス)を引き取り、子育てをするフランク(クリス・エヴァンス)。
フランクの姉は天才数学者で、その子どもであるメアリーも、数学に関しての特別な才能(ギフト)を持っていた。
しかし、姉が亡くなる前にフランクは、メアリーを普通に育ててほしいと伝えられていた。
特別な才能を持ったメアリーだが、フランクは普通の学校に行かせ、特別な教育は受けさせていなかったのだが、
ある日、メアリーのおばあちゃん(フランクの母ちゃん)が現れる。
おばあちゃんはメアリーは特別な才能がある事を知っていた為、特別な教育を求めるのだが。。。

『gifted/ギフテッド』 のネタバレ感想

以下ネタバレ含みます

うまくいかない事ばかり。

昔はそんなこと思わなかったけれど、歳を取ったのか?だんだんそう思うようになってたこの頃。

いや。
単純にうまくいかなくなっただけか。

とりあえず、
映画『gifted/ギフテッド』は、見る人によって。
自分の置かれている境遇によって、
感じる事や考える事は本当に様々だと思います。

しかし、基本的には親子のお話。と言えるのではないでしょうか?

僕は3児の父で子育て真っ最中。
対して、共感ポイント一切無い人には少し退屈な映画だったのかもしれません。


さてさて、
映画でクリス・エヴァンス演じるフランクは、自殺した姉の子どもであるメアリーを一人で育てます。
数学において天才的な能力を持つメアリー。
メアリー本人も数学が大好きなようで、僕なら少しでも良い教育を受けさせてあげようと思います。

しかし、フランクは一般的な学校で、普通の子ども達と共に教育を受ける事を望み、奨学金付きの私立教育の誘いも断ります。

というのも、メアリーの自殺した母親も同じく数学の天才。
小さな時から英才教育を受け、自由な恋愛もさせてくれないような親(イヴリン)の指導でした。
姉はメアリーの事を「普通に育てたい」と言っていたし、結局自殺してしまった姉のこともあるので、フランクの中での決断は硬いものでした。

しかし、フランクの母であり、メアリーの祖母であるイヴリンがいきなり家にあらわれます。
『プラダを着た悪魔』の悪魔みたいに家のドアで待ち伏せしてやがるんですわ。
「せっかく頂いた才能に責任をもって、歴史に名を残すことが大切だ!」と。(こういうニュアンスの事ね。厳密には違うと思う。)
「こいつ監禁して数学やらせよう!だって天才なんだから!」
というお婆。


こんな婆ちゃん最悪よねー。かんべん。

でもきっと、この段階でイヴリン派の人もいることだと思います。
「イヴリン普通やん?」
「フランクあほやん?」
「だって子ども天才やもん」

っていう人がいるもんなんだよね。

そんなこんなで、親権争いで裁判が始まるわけで。

結局映画の最後では、高等教育を受けながらガールスカウトで同い年の子どもと遊ぶメアリー。
フランクとしては、高等教育を受けさせない事自体が目的なわけでは無いので、ばっちりハッピーエンド。
イヴリンの教育方針ではガールスカウトなんて絶対に行けないしね。


NO!イヴリン!!


まぁどちらにせよ、数式を解いて歴史に名を残せるかもしれない可能性の為に、仲良しの猫を捨て大切な家族からひっぺがすイヴリン婆は、孫の幸せを願っているようには見えないですわ。
僕の目にはただの「悪」にも見えました。
しかし本人は何も気が付かない。なぜならイヴリンには一切の迷いがありません。
フランクが言う通り、かわいそうな人間なんですね。

そして、イヴリンのような人間も実際にいる事を知っています。
そんな偏った考えの人間が50歳、60歳になったら、
もう人の意見なんて聞けないことでしょう。


僕も理解してもらおうなんて一切思ってません。
絶対に変わらないから。

ここまで考え方が違うとね。


あ。

自分の話になってた。

映画 『gifted/ギフテッド』 ネタバレ感想のまとめ

実の子ども2人から一切信用されずに疎遠になっている時点で、イヴリン婆は気が付くべきでしょう!自分がおかしいと!


環境などは全然違いますが、自分の置かれている境遇に一部近い部分もあり今回は★4つとしました。
猫の保護も4回ほどしましたし。

最後の方には少しだけのサプライズもあり、心温まる映画でした。