ネタバレ感想

映画【ヒックとドラゴン】ネタバレ感想 | 大人も楽しめるお気に入り映画

昔レンタルして観たことがあった映画『ヒックとドラゴン』。
子どもと一緒に観ようと思い、ブルーレイを買って再度鑑賞しました。

4歳児は最後までしっかり観て、3歳と1歳は遊びながら観ていました。
年齢じゃなく性格の問題かもしれませんが。

あー、ドラゴン飼いたい。

完全主観評価(4)

ヒックとドラゴンってどんな映画?

上映時間 : 98分
監督   : ディーン・デュボア
ジャンル : アクション アドベンチャー ファンタジー
原題   : HOW TO TRAIN YOUR DRAGON

ボスベイビーやカンフーパンダ、シュレックなどを手掛けた、ドリームワークスのアニメ映画。

とにかくドラゴンのキャラクターデザインが可愛い。
男の子にも、女の子にも、おじさんもおばさんも楽しめると思います。

Yahooの評価平均でも星4.4という超高得点で人気が伺えますが、なぜか知名度は低め?な気がします。
2019年12月現在は3部作となっていますが、2作目は日本では上映が無かったりもします。

あらすじ・予告編

あらすじ

ドラゴンと戦う『バイキング』という職業?戦士?たちが日々ドラゴンと戦っている中、バイキングのリーダーの息子であり主人公の『ヒック』がドラゴンと戦わず、別の道でドラゴンと共存しようとするお話。
「ドラゴンは悪い奴じゃないよ!」という感じ。

予告編

ヒックとドラゴンのネタバレ

とりあえずドラゴン可愛い。
猫のような犬のようなトカゲのような、、
愛嬌のあるドラゴンのデザインが、最後まで飽きさせずに釘付けにしてくれました。

ネタバレ感想

以下ネタバレ含みます

なにかストーリーに捻りがあるのかと言われると、そうでもない。
先が全く読めないような展開でもないけど、
3人の子ども達と4匹の猫たちに毎日癒されているおじさんとしては、すごく楽しめます。
子供向けの映画でとても多い設定の「頑固な親 VS 子ども」の一面もあるけど、観ていて飽きなかった。

yahooの評判を見てみると

内容の結末としてはドラゴンとは仲良くなり、敵からペットへと変わります。
yahooでの評判を見ていると、 共に戦ってくれたドラゴンに対して最後に「ペット」という発言をしたことに違和感を感じている人が多いようでした。
確かに言いたいことはわかるけども。

そんな人たちは、ペットを飼っているか聞かれた時に、

「飼ってないよー。」
「でも、ポチっていう犬の弟がいるよー。」

なんて答えてやがれ。

ブルーレイの特典にて

我が家ではブルーレイやDVDを購入するか、WOWOWで映画を観る事が多いので、特典映像もチェックしましたが
特典映像の中に『トリビア』という、音声解説とは別に用意されている副音声?があります。
しかし、そこは英語のみとなっているので、リタイアしました。

時間があるときに妻に和訳してもらおうかなー。と思っていますが。

映画【ヒックとドラゴン】まとめ

なんでこんなに気に入ったのかな~?と、自分でも不思議な所もあるけど素直に面白かったので星4つ。

子どもっぽいおじさんや、子どもにはオススメです!

関連記事