ネタバレ感想

映画【メイズ・ランナー】ネタバレ感想&ストーリーを簡単に解説

とっくに3部作完結しているメイズランナーですが、最近DVDで1作目を見ました。一つずつレビューしながらいっきに3作観てみようと思います。

完全主観評価

メイズランナーってどんな映画?

上映時間 : 113分
監督   : ウェス・ボール
主演   : ディラン・オブライエン

小説を基に映画化した2014年のアメリカ映画。小説では「SFスリラー」というジャンルになっているようですが、完結編になる映画の3作目のキャッチコピーでは「SFサバイバルアクション」となっています。

スリラーと思って見るとアクション要素が強いかもしれません。

ざっくりとしたあらすじ・予告編

内容を隠した「ざっくりあらすじ」

予告編をまとめてしまえば、、「生き残りたければ、巨大迷路の謎を解け」とのこと。

メイズ  = 迷路
ランナー = 走る人
ということで、とりあえず迷路を駆け回ります。

迷路で囲まれた謎の場所で暮らす若者たちが、自由を求めて迷路に挑む!若者たちはみんな昔の記憶を無くしているので、「なぜここにいるのか?」という疑問と共に進んでいきます。

予告編

 

メイズランナーのネタバレ解説&感想

以下ネタバレ含みます

内容を超短くまとめると。

  • みんな自由になるために迷路を抜けたい▼
  • 熱い主人公(トーマス)が登場し頑張る▼
  • 怪物倒したら迷路出れた▼
  • 悪そうな人たちによる実験だったと知る▼
  • 次のステージへ連行される(救出される?)▶▶(メイズランナー2へ)

感想&解説

メイズにはルールのようなものがあり、ある環境の下で若者たちが生活しています。
その生活は実験として観察されていたわけですが、、。

・若者たちはエレベーター的なもので物資と共に定期的に一人づつ広場に送られてくる。
・広場の周りが迷路の高い壁で覆われていて、出ることができない。
・迷路の扉は朝開いて、夜閉まる。
・迷路には怪物がいる。
・迷路は動く。
・若者の中に女性はおらず、最後の一人だけが女性。

というメイズのルールに対する答え的なものは1作目では何もでません

最後に分かったのは、
ウイルスがまん延した地球上で人間が次々と死んでいく中、ウイルスに感染しない若者が登場し始めた。
その若者を対象にした実験だった。

という事だけです。

1作目を終えた段階では、たくさんの謎が残ったままですが、それが2作目、3作目で明らかになっていくのに期待したいところ!

「そういう事だったのかー!」となるのか、
「あれは何の意味があったの?」となって終わるのか。

全体的な感想としては、とりあえず3部作品の1作目なので、言う事なし!ごめん!
とりあえず楽しく観ることができたよーという星3つでした。
続きが気になる。

最期に、メイズランナーで学んだ新しい英単語。

メイズランナーで学べる英単語(グリーニー・新人)
メイズランナーで学べる英単語(greenieとは新人のことらしい)
関連記事