ネタバレ感想

映画『アンブレイカブル』ネタバレ感想 | マーベルに負けるな!シャマラン・ヒーローズ。

ミスターガラスを観る前に。

すっかり忘れていた『アンブレイカブル』を観直しました!


終始暗ーーい、アップダウンの無い地味な雰囲気が漂っていますが、それがこの映画の良い所。
派手なヒーローもいれば地味なヒーローもいるもんさ。

ちなみにブルーレイの特典映像には、少し面白いものがありました、、

完全主観評価(星3.5)

映画『アンブレイカブル』とは

上映時間 : 106分
監督   : M・ナイト・シャマラン
主演   : ブルース・ウィリス / サミュエル・L・ジャクソン

『シックスセンス』の監督やスタッフ達により、2000年に公開された『アンブレイカブル』。
後に『スプリット』(2016年)が、同一シリーズ作として公開され、2018年には完結編となる『ミスター・ガラス』が公開された。

僕は、スプリットを観て、ミスターガラスを観ようとして、
やっぱり、もう一度アンブレイカブル観とこっ!
という流れで。

2000年『アンブレイカブル』
2016年『スプリット』
2018年『ミスター・ガラス』

の3つが、
マーベルヒーロならぬ、
シャマランヒーローズ映画三部作になります。

アンブレイカブルを作っているときは、同一シリーズを後に作る予定は無かったそうですがね。

あらすじ {ネタバレ無し} | 予告編

列車事故にて乗客全員(131人)が死んだかと思いきや、唯一生き残った主人公のダン(ブルース・ウィリス)。
そんな屈強な男、ダンに興味を持った男ミスター・ガラス(サミュエル・L・ジャクソン)が彼のところへ現れる。
サミュエルは何観ても出てくる。
ミスター・ガラスは、過去に50回くらい?(だいたいそれくらい)骨折したことがある、先天性の病気を持った人物で、、

と、
あらすじはこれくらいにしておきます。

英語予告しかありませんでした、、。

『アンブレイカブル』 のネタバレ感想

以下ネタバレ含みます

アンブレイカブルはコミックのコミックのヒーローを信じる一人の男から物語が始まる。

ヒーロー映画であってもビームを出したり、空を飛んだりするわけでは無い。
ヒーローたちでチームを組んで宇宙人と戦うわけでも無い。
蜘蛛の糸も出なければ、持てないハンマーも出てこない。
っと、MCUの話はこれくらいにして、
言いたいことは、
とにかく地味ということ。
ジャンル的にも微妙な所で、『限りなくリアルに近づけといてがっつりSF』みたいな。サスペンス要素はありますがね!

シャマラン監督は、序盤にシックスセンスを作ってから、しばらくは謎系映画。
ハプニングや、ヴィレッジ、サインなどなど。
最近はアクション系も増えてきて、今から見ようと思っている『ミスター・ガラス』。

『アンブレイカブル』『スプリット』では、ヒーロー映画であることを前面には押し出していなかったけど、『ミスター・ガラス』はそうではなさそう。
最初から《スーパーヒーロは存在するのか?》的なキャッチコピーと共に出てきたし。

さてさて、観たらすぐにレビューしようかな。

映画『アンブレイカブル』 のまとめ


全体的に飽きることなく見れた100分間。
M・ナイト・シャマランの映画はよく観てるけど、『エアベンダー』の衝撃??を超えてくる映画はまだなさそうだ。

ていうか思ったけど、物語を文章で終わらせるのは、実写映画とスラムダンクだけじゃないのか?
経験不足か?

ちなみにブルーレイの特典映像にはシャマラン監督が昔に手掛けた、未公開の映画が収録されてますよ。

関連記事